BBクリームの正しい使い方

肌に優しく、軽い付け心地なのに気になるシミや赤みなどはしっかり隠してくれるBBクリーム。元々は傷を修復して皮膚を保護するために開発されたファンデーションだったBBクリームですが、UVカットや美容成分などを配合したことで、これ一つでベースメークが完成するほどのお役立ちアイテムになっています。BBクリーム適量を肌に乗せて、適当に伸ばすだけでもきれいな仕上がりになりますが、正しい使い方をマスターしておくと、簡単にやわらかマシュマロ肌が作れます。

BBクリームを塗る前に、まずは化粧水などでしっかりと肌に水分補給をしておきます。肌が水分を吸収したら、適量を手に取って鼻と頬、顎、両頬の5か所にBBクリームをつけて、内側から外側へと伸ばしていきます。適量は使っている製品によって変わりますが、パール位の量が目安になります。量が多いと伸ばしやすくなりますが、化粧崩れの原因になってしまうこともあります。

肌を傷めないように手の力を抜いて、指の腹を使って少しずつ丁寧に伸ばしていきます。この時スポンジやブラシを使うと薄付きになるので、ナチュラルな仕上がりになります。顎と首の境目、生え際部分を自然な感じになじませて、ムラになりやすい小鼻はスポンジの角を使って細かいところも塗っていきます。口元や目の周りは厚塗りするとよれてしまうので、余ったクリームを軽くはたくように塗っていきます。

顔全体に塗り終わったら、最後に手のひらで顔を軽く押さえてBBクリームを肌にしっかりと密着させればつや肌の完成です。ふんわりとした雰囲気のマシュマロ肌を作りたい時は、仕上げにフェイスパウダーをのせて、余分な粉をブラシで落とします。
BBクリームやコクのあるタイプやさらっとしたタイプなど、製品によってテクスチャーが違うので、肌質に合ったテクスチャーを選ぶと、きれいに仕上がりBBクリームの持ちも良くなります。空気が乾燥して肌荒れが気になる季節には、手に取った時に化粧水やクリームを少量混ぜてから使用すると、保湿力が高まって乾燥防止になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>