首にニキビができちゃう原因と改善方法

首周辺は、顔に比べて皮脂腺が少なく、毛穴も開きにくいのですが、首にニキビができてしまった場合、場合によっては色素沈着を起こしたり、ケロイド状の跡が残ってしまう可能性があります。
首ニキビは比較的に大人になってから発症しやすく、単に過剰な皮脂分泌が発症の原因ではありません。生活環境などのさまざまな要因がかかわっております。

まず、首ニキビの原因として、ストレスなどによって、ホルモンバランスが乱れることが原因となっている場合があります。ホルモンバランスで、男性ホルモンが優位になることでニキビができやすくなりますが、女性の生理前後などに男性ホルモンのような働きをする黄体ホルモンが増加することによっても皮脂分泌が活性化されて発症する可能性があります。冷え性や貧血などもホルモンバランスを乱す原因となります。

次に、首周辺部は汗をかきやすいことと、髪が触れやすい部位でもあるということから、汗をかいたまま放っておくことで、細菌が繁殖しやすくなったり、埃がまとわりついた髪が首周辺に触れることでも発症する危険性があります。入浴時や洗顔中など、清潔にしているつもりであったとしても、シャンプーなどの洗い残しが原因となる場合があります。

ターンオーバーを遅らせることで、皮脂や老廃物を詰まりやすくする原因を作る紫外線も、首は特に浴びやすいため、ニキビの原因となる場合があります。
対策としては、まず、毎日の洗浄を心がけて、目の届きにくい首筋などは洗い残しをしやすいため、特に入念に洗って、最後は、シャンプーや石鹸が残らないように洗うことや、埃や汚れがついた髪による刺激なども原因のひとつとなるため、髪を結ぶなどの対策が必要です。

また、首は紫外線の影響を受けやすいため、紫外線の対策をすることも大切です。できてしまった場合は、なるべく手で触れないようにすることと、気にしすぎるとストレスになって悪化してしまう場合もあるため、気にしないことも大切です。
普段からの洗顔や、市販薬などのケアだけでは治らない場合、症状によっては、皮膚科などで診てもらい適切なアドバイスを受けたり、症状にあわせた治療を受けることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>