生理前の肌荒れの原因と対策

iinonuri

生理前になると毎回肌荒れするという女性は少なくないでしょう。実はこれにはきちんとした根拠があったのです。

女性には妊娠・出産のために生理があります。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンがバランスをとって生理周期が成り立っているわけです。実は生理前になるとプロゲステロンの分泌が活発になりますが、実はこれが問題なのです。

女性ホルモンでもエストロゲンは美のホルモンとも呼ばれて、女性らしい美しいボディラインや美肌、美髪などに欠かせない物質ですが、プロゲステロンは胎盤を厚くしたりなど妊娠しやすい体に導くために欠かせないホルモンでもあるのです。ただ、妊娠しやすい体にするため、皮脂の分泌が活性化したり、食欲増進作用などもあるのです。生理前になるとニキビができやすくなる方は多いでしょうが、これはホルモンによって皮脂の分泌が活性化したことに加え、食欲が増してたくさん食べたことで皮脂の分泌がさらに促されたことが原因なのです。

またプロゲステロンは妊娠しやすい状態にするため、体内に水分をためこむ働きがあります。生理前にむくみやすくなるのもこのホルモンのせいなのですが、体がむくむと血行が悪くなります。つまり肌へ必要な栄養素がきちんと送り届けられなくなるので、肌荒れしやすくなるのです。

そこで生理前の肌荒れの対策として、まずは食生活を見直してみましょう。ホルモンのせいで甘いものや脂っこいものを無性に欲して、その欲望に任せて食べていませんか。それでは肌の調子も悪くなって当然です。和食などヘルシーな食生活に改めましょう。もちろん甘いものが一切NGというわけではありません。全く食べないのはストレスになるので、量を考えて食べるようにしましょう。また、生理前はホルモンのせいでただでさえ肌が敏感になります。そこでこの時期にあえてシェービングなどの肌への負担が高いケアは行わない方がいいでしょう。また、紫外線にも敏感になっているので、肌にやさしい日焼け止めなどでしっかり肌をケアしてあげるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>